コンテンツにスキップ

CBDで仕事の「集中力」を高める!

 

CBDの健康効果は本格的な研究が始まったばかりです。 しかしCBDユーザーの多くが、「CBDは集中力アップに役立つ」という証言をしています。テレワークが進むなかで、常にさまざまなデバイスから情報を受け取る私たちは、常に刺激を受けています。 そのなかで、刺激をコントロールすることは難しいことです。 仕事に集中するべく、長時間座り続けていること自体が難題なのです。
そこで、注目を集めているのがCBDによる集中力アップです。

世界の一流ビジネスマンからトップアスリートや俳優までも愛用している「CBD」。日本にもじわじわと浸透して来ています。
そんな世界の一流が今注目しているCBDによる「集中力・作業効率アップ」という観点で記載していきたいと思います。

どんな人(職種)に向いているか

一概には言えませんが、現時点での情報によるとチームよりも「個」で作業やプレーをおこなう人に向いているようです。世界で主にどのような職種の人が使用しているかご覧ください。

  • トレーダー
  • 弁護士
  • 税理士
  • プログラマー
  • デザイナー
  • アーティスト
  • プロギャンブラー(ポーカー等)
  • ゴルフ
  • テニス
  • 自転車
  • マラソン
  • サーフィン
  • スケートボード
  • 格闘技
  • etc...

近年ではゴルフ界でのCBD人気が高いようです。パワーと繊細さを必要とし、極限の集中力に加えプレッシャーを跳ね除ける精神力を維持するために、ババワトソン、リッキー・ファウラーなど多くのプロゴルファーが使用しています。タイガーウッズもCBDガムを使用していたのでは?と噂が出ていますが現時点では不明とのことです。わかり次第報告いたします。

集中力が上がる理由

集中力が上がるとされている理由は、CBDを摂取すると、アナンダミドとより多くのセロトニンを脳内に増やせることにあると考えられています。 セロトニンは多いほど、ストレスや不安が軽減されるため、この2つの感情を和らげることで、集中力もアップできるという論があります。また、血中のアナンダミド濃度を高める作用もあり、このことにより、血中のアナンダミド濃度を高めることで集中力につながる。などと言われています。

また、さまざまな記事の中でも、「集中力が上がった!」「作業がサクサク進む!」など、利用者における声も多いので、ある程度真実といえそうです。

使用のタイミング

CBDの摂取のタイミングは、勉強や仕事を始める”少し前”が効果的とされています。CBDを摂取し作業を始めると、少し手先などの力が抜け「ポワッ、フワッ」とした感じになります。(ふわふわした状態)

そして、その状態で10分ほど作業を進めていると気がついたら集中しています!

感覚としては、頭がクリアになり頭の回転が速くなり集中ゾーンに入ったような感覚です。目の前のことだけが入ってくる感じです。

勉強・仕事で集中したいときにはすでに、かなり効果を感じます。商談前など大事な場面での利用も緊張がとけて効果的です。

「集中して勉強したいとき」「仕事をもうひと踏ん張りしたいとき」には、摂取してみてください。

まとめ

好きなことでも意識して集中することは難しいことです。必ずしも仕事は好きなことばかりではありません。そのような状況でも結果を求められるのが、社会人でありプロ・サラリーマンではないでしょうか。さまざまなプレッシャー・ ストレスや不安などが、集中力の欠如を引き起こす要因なのか、はっきりとはわかりませんし、CBDで必ず集中力アップにつながるかも不確実ですが、今世界中で多くの一流ビジネスマンやトップアスリートがCBDを使っていることはまぎれも無い事実です。

一度試してみる価値はあると言えるでしょう。

おすすめ商品

「MEDTERRA CBDティンクチャー」

商品ページ

「PharmaHemp 6.6%」

商品ページ